志賀郷代表!情報発信ブログ。なな子の日記。

トップページ > なな子の日記 > 旅の僧が見た七不思議 1

旅の僧が見た七不思議 1

| コメント(0) | トラックバック(0)
<志賀郷のむかしばなし>

日向国(宮崎県)の修行僧 野田泉光院は 6年かけて全国を旅し
旅日記を詳しく書き残している それによると

彼は200年前に志賀郷を通り 托鉢しながら民泊 七不思議を見物している
文化11年(1814年)11月 和知から山家 八田 黒谷へ

奥黒谷から山越えで オソクキ村 下村 志賀を経て 同月28日西方村の
藤明神(藤波神社)に至った 

「 (この宮の藤は)
 三度藤とて一年に三度咲くといいしかど 不浄ありて今(は)一度咲くなり」

と見聞を書いている

不浄が何なのか不明であるが

藤を都へ献上する途中 藤が白鷺となって飛び去り
以後 藤が正月に花をつけることはなくなった との伝説もある

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shigasato.com/app/mt-tb.cgi/242

コメントする


2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30