志賀郷代表!情報発信ブログ。なな子の日記。

トップページ > なな子の日記 > 2016年3月アーカイブ

2016年3月アーカイブ

モチ喰い峠

| コメント(0) | トラックバック(0)
<志賀郷のむかしばなし> モチ喰い峠

西方奥から 忠臣蔵 47士の一人 寺坂吉右衛門が通ったと言われる市原峠を
越えると そこは大江町の市原谷 昔から 西方と市原谷には交流があった

その昔 市原谷の庄屋・芦田家では 正月にたくさんのモチをついて
モチ喰い大会が催された

西方と市原谷の青年たちが 大喰いを競ったが 勝つのはいつも西方勢

口惜しがった市原谷の青年が 西方勢の後をつけると
西方の青年たちは 峠の頂上で 大根をバリバリとかじっていた

翌年 市原谷の青年が 先回りしてこの大根を持ち帰ると
西方勢は 大きな腹を抱えて苦しみ その翌年から挑戦を取りやめた
そして 催しは途絶えた

市原谷の人は 「最後の勝負はわが方にあった」 と喜んだ
この峠は大餅喰峠とも呼ばれていたとのこと

五社まいり

| コメント(0) | トラックバック(0)
<志賀郷のむかしばなし>  五社まいり

戦前に発行されていた 「志賀郷村時報」 の学校だよりには

  「4月に子供たちが五社まいりをした」 と書かれている

高学年は五社 低学年は三社まいりで 
目的は出征兵士の武運長久を祈ることだったようだ

昼食は阿須須岐神社でとり 地元の女性たちがお茶の接待をしたそうだ


最近のブログ記事

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント