志賀郷代表!情報発信ブログ。なな子の日記。

トップページ > なな子の日記 > 釣鐘はのこった

釣鐘はのこった

| コメント(0) | トラックバック(0)
<志賀郷のむかしばなし> 釣鐘はのこった

戦時中の昭和17年 戦局が悪化し武器生産に必要な資源が不足
全国的に金属類の供出令が出された

ここ志賀郷でも お寺の釣鐘から家庭の鍋・釜まであらゆる金属類が
小学校の校庭に集められ 軍のトラックで運ばれて行った

志賀郷の釣鐘の中で ただひとつ残されたのは興隆寺の釣鐘だった
  およそ400年前の元和5年 京都の三条で造られ
  田中道賀という代官が寄進した            旨 鐘に刻まれており 

軍部もその文化財としての価値を 無視できなかったものと思われる

釣鐘.jpg

余談 この金属回収の成果はあったのだろうか 
    資源不足は最初からわかっていたはず という人もいる
    「いつか来た道」 には戻らないようにしたい

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shigasato.com/app/mt-tb.cgi/251

コメントする


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31