志賀郷代表!情報発信ブログ。なな子の日記。

トップページ > なな子の日記 > 2017年1月アーカイブ

2017年1月アーカイブ

夜嵐伝説 6

| コメント(0) | トラックバック(0)
<志賀郷のむかしばなし> 「 夜嵐伝説 」  その6

夜嵐の本名は仁右衛門尉忠之と言い 父諏訪相模守九郎兵衛と共に
信州から志賀郷へ移り住み 刀を鍬に持ち替え農業に従事した

そのお墓 「先祖塔」 は 志賀小学校西側の丘に建っており
子孫の梅垣氏が供養を続けている

余話
夜嵐の屋敷跡には 大正11年志賀郷公会堂が建てられた
それ以前には 「常小屋(じょうごや)」と呼ばれる芝居小屋があり 
秋には芝居が上演され露店も出てにぎわったそうだ 若宮神社の御旅所にもなって 
神輿が渡御 笛や太鼓が夜遅くまで鳴り響き 村人の楽しみが続いたという

こんな人が本当にいたのか?
大男 力持ち 信仰心厚く 働き者 そんなことで 村人からよほどの人望を集め
「偉い人だった」という話に尾ひれがついて 今の様な伝説になったのではないか


最近のブログ記事

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント