志賀郷TOPICS

トップページ > 志賀郷TOPICS > 会長就任挨拶

会長就任挨拶

2017年5月19日

このたび、七不思議伝説の里・志賀郷振興協議会会長という重責を担うことになりました志賀自治会の前田拓己です。
振興協議会の前身にあたる「志賀郷の振興を考える会」が平成7年4月に当時の連合自治会、各自治会の役員で組織され、活動がスタートしてから既に22年が経過しました。
その後、平成19年に農林水産省地域再生モデル事業の実施を契機に現在の名称に改名されたと聞いております。
以後、府・市の様々な補助事業に取り組んでこられ、平成28年11月には定住促進や地場農産物による商品開発等の豊かな村づくりの取り組みが評価され、農林水産大臣賞を受賞されたことは記憶に新しいところです。
時代は変われども志賀郷が明るく元気で心豊かな住みやすい地域にとの願いは、ここに暮らす私たちの揺るぎない想いです。
また平成27年・28年には国土交通省の「小さな拠点事業」に取り組み、住民アンケートをはじめ公開勉強会や七不思議マート・薪deほっこりサロンなどの"社会実験"をとおして、これからの志賀郷に何が必要かを模索してきました。
2年間の「小さな拠点事業」で見えてきた"志賀郷の未来像"をハード事業に繋げられないかとの思いが通じ、公民館の耐震工事に合わせた改修計画がいよいよ現実のものとなります。
これは事業費の1/2ずつを国と綾部市が負担するというもので築70年余りが経過した志賀郷公民館が地域の皆さんが気軽に集まり交流できる「小さな拠点」として、来年4月に新しく生まれ変わります。
振興協議会では今後のまちづくりを進めるため、3つの部会を設置し、さらに具体的な活動や取り組みを推進したいと考えておりますので、地域の皆さまのさらなるご理解とご協力をお願い申し上げ、就任のあいさつといたします。   平成29年5月

過去のご案内 :